腰痛:分離すべり症|西淀川区あさひ整体院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
あさひ整体院

腰の骨は5つあり、横から見ると前方に自然なカーブを描いております。

しかし、何らかの原因で骨の変形や骨折などで下の骨に対し前方へ

移動してしまっている状態を『分離すべり症』といいます。

 

ほとんどの方が、病院でレントゲンを撮り診断され改善されずに来院されます。

■ すべり症、分離すべり症による症状

・一般的な腰痛のような症状や坐骨神経痛や長時間立っていられない、

・上半身を後ろに反らした時に腰に痛み感じる、

・腰やお尻が重ダルい

・数分歩くと腰がおもだるくなり、少し休むとまた歩けるの繰り返しなど、

また、両脚に症状が出たりもします。

あさひ整体院

■ すべり症、分離すべり症の時にやってはいけないこと

ぜったいに患部を押したりしないでください。立てなくなる恐れがあります。

 

■ すべり症、分離すべり症になる原因

・先天性分離症:  生まれつき、分離している方もいます。

・後天性分離症 : 昔は骨が弱いからだと言われていましたが、最近では重い物を繰り返し持ったり、

過度のスポーツにより疲労骨折、女性の場合は女性ホルモンの減少が原因ではといわれています。

 

■ すべり症、分離すべり症の方すべての人に痛みが出るわけではない

分離すべり症だからと言ってすべての方に痛みが出ているわけではありません。

分離すべり症になっていてもまったく痛みのない人もいらっしゃいます。

asahiseitai-14

■ 当院では進行度や、痛みによって一番適した施術を行います。

普通の腰痛とすべり症、とは施術の方法が違います。

 

当院でも多くの方が痛みから開放されております。

すべり症、が軽い場合は早く楽になりますし、

重度の場合は楽になるまでに期間がかかってしまう事もあります。

 

分離が進行しすぎたもの意外は当院の施術は有効です。

※まれに、痛みを放って起き過ぎてすべりが進行し過ぎた物に関しては当院の施術をお断りする事もございます。

 

当院でも提携医院様でのレントゲン撮影をお願いする事がございますが、以前撮ったレントゲンがある方はご持参頂くと施術の参考にさせて頂きます。
腰に負担の掛かるプロスポーツ選手でも多くの方がカイロプラクティックケアによって活躍されております。

 

つらい腰痛でどこに行っても良くならなかった方、一人で悩まず、お気軽にお問い合わせください。

 

あさひ整体院
http://www.chiro-asahi.com/
大阪市西淀川区竹島3-2-8
06-6472-1159

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA